さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック 公式ブログ

札幌市中央区南部(山鼻・伏見・幌西地区)および札幌市南区をカバーする、糖尿病専門医・内科専門医によるクリニックのブログです。

カテゴリ: 出来事

※※ 重要 ※※
「発熱などの症状がある方への対応」「遠隔診療(電話再診など)について」のことは
こちらのページ をお読みください。


新型コロナウイルス感染拡大に対する北海道での緊急事態宣言は3月19日で一旦終了し、4月には札幌市内の小中高校で入学式も行われましたが、それと時を同じくして東京などで急速な感染拡大が起こり、政府は1都6県に対する緊急事態宣言を発令、その後日本全土への緊急事態宣言となりました。

当院はいち医療機関として、平常通りのスケジュールでこれまでと変わらず診療を行っておりますが、定期受診されている患者さんの多くに、ある変化が生じていました。それは…

プレゼンテーション1
・体重が1.5kg以上増えてしまった
・血糖値やヘモグロビンA1cが上がってしまった
・その両方


原因としては、外出自粛や在宅ワークなどで身体活動量が減り、カロリー摂取量も相対的(または絶対的)に増えてしまったことが第一に考えられます。
大変な状況の最中にありながら来院された患者さん達には、それぞれの状況にあわせて対応や指導をさせて頂きましたが、これだけ感染が拡大し、なおかつ市内の一部の病院でさえ院内集団感染が起きているような現状では「病院にいくのも怖い」と思ってしまう方も少なくないと思います。

私たちもそこは重々承知しておりますが、身体活動量低下などにより糖尿病の患者さんに上記のような変化が既に起こっていることは事実ですし、それで更に「治療中断」をしてしまうと非常に大変なことになってしまう危険性を、日本糖尿病協会も以下のサイトで述べています。
https://www.facebook.com/nittokyo/posts/3098536513501080


コロナウイルス感染が収束するまでの間、糖尿病も含めた他の病気が、足踏みをして待っているわけではありません。
「収束してから治療」では手遅れになってしまう病気も多々あるのです。


先日3月21日に当院で開催した糖尿病教室で院長が講演したスライドの一部をお示ししますが、糖尿病の患者さんにおいて、高血糖状態は体内の免疫細胞の機能を明らかに低下させてしまうことが、30年以上前から医学研究で示されています。このことからも、「あとから」ではなく「いま」手を打たなくてはいけない慢性疾患であると言えるのではないでしょうか。

スライド2

スライド3

糖尿病患者さんがかかりやすいとされている感染症はいくつもありますので、ご参考までに。

スライド1



さて、札幌市内の一部医療機関でも集団感染が起きている今、当院でも感染拡大防止のための対策をさらに強化して行っております。先日より待合ロビー内の座席を一部減らして、他の患者さんとの間隔をなるべく広く取るようにし、また入口風除室内に消毒液も設置いたしました。
また、当院は開院以来「予約制」をとっておりますが、それに加えて「空いている時間帯の電話案内」も行っており、来院される患者さんの不安軽減・感染リスク軽減に一層の努力をしております。
93811299_564491510837540_5908409165612580864_n
93179146_564491524170872_5590367052092145664_n


家で過ごすことが多くなり、スポーツジムなども閉鎖された結果、身体活動量の低下などから体重や血糖が上昇してしまうことを避ける上では「立ち仕事などの家事」も「運動」であるということを覚えておいて頂けたらと思います。普段家事をされない方はこの機会に、またいつも家事をされている方はより念入りに家事に取り組んでみてはいかがでしょうか。
スライド4
また、ポータルサイト「糖尿病ネットワーク」では、室内でできてかつ効果的なエクササイズを、下記のサイトで動画付きで解説していますので、こちらも参考にされると良いと思います。
https://dm-net.co.jp/fitness/jitsugi.php


糖尿病の患者さんも、その他の皆さんも、この局面を何とか乗り切り、「感染収束後も元気でいられるよう」ともに頑張っていきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2037

先日の予告通り、第6回糖尿病教室を3月21日土曜日に開催いたしました!
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、各種催物の中止・延期・無観客開催が相次ぐ中、今回の教室にはこれまでの教室としては最多規模(ブルーサークル山鼻を除く)の方々のご参加を賜りました。誠に有難うございました。
今回の教室はレクチャー二本立てで、初めは「糖尿病と歯の病気」について、特別講師として当院向かいのルゥ歯科クリニック院長・當山悟先生(写真右奥)を講師にお招きしご講演を賜りました。細菌感染と炎症によって引き起こされる「歯周病」は、インスリンの働きを弱めたりして糖尿病の悪化をきたし、また糖尿病のコントロールが良くないと歯周病も悪化するという悪循環を生み出すことが最近トピックスとなっており、歯周病は「第7の糖尿病合併症」とまで言われています。歯周病のことやその予防・治療のことについて、當山先生より大変わかりやすくかつためになるお話を数々拝聴することができました。
それに引き続き、当クリニックの澤田院長より「STOP! THE 糖尿病合併症!」と題し、糖尿病合併症がなぜ引き起こされるのか、各々の合併症についての特徴や予防策に関する話をさせて頂きました。

コロナウイルスが世間を騒がせている昨今、今回の教室におきましても、入口での手指消毒、そしてマスク着用に皆様ご協力頂き、また教室恒例の「ヘルシーフーズ試食」も今回は1つ1つ包装された食品の持ち帰りとし、感染拡大防止に努めました。

次回、新年度初回となる糖尿病教室は5月16日(土曜日)の予定です。皆様にまたお会いできますことを一同楽しみにしております!
このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
前回の投稿(ブルーサークル山鼻)の頃は、ちょうど開院1周年、同時に厚生局による初回指導(新規開設医療機関は開院から大体1年以内に必ず受けなくてはなりません)があり、そして例年よりも早いペースでインフルエンザ流行があり、とても慌ただしい日々の連続でした。このブログの更新はおろか、これまでは大体1日おきくらいのペースでスタッフがアップしていたFacebookなどへの投稿もペースダウンしてしまい、誠に申し訳ございませんでした…。

さて、例年にない少雪で、藻岩山スキー場も12月中にオープンできないという、きわめて異例な今年の札幌の冬。けれども、例年通り札幌伏見稲荷神社への初詣に足を運びました。

81319465_2158695057566916_1145932506189529088_n

例年なら雪に埋もれているという感じの境内ですが、今年は沿道の笹や草が雪の間からたくさん見えており、やはり雪の少なさを感じます。
そして今年も、クリニックの抱負・願いをこめた絵馬をかけて参りましたが、今年はもっと患者さん一人一人に「寄り添う」「お力になれる」ようにしたいと思っておりますー昨日、当院開院後1年間の糖尿病診療実績をホームページにアップしましたが、治療を中断されてしまった方や、糖尿病腎臓病(腎症)が出始めている方もおりました。我々として、患者さんたちのためにできることは何か。基本としてはやはり「向き合い」「寄り添い」「ささえる」ことが基本ではないかと思った次第です。

そして、最後にひかせて頂いたおみくじは「吉」でした。地道な努力がやがて実を結ぶ、そんな一年であることを願いたいです。

81636352_2158695070900248_6638776604929556480_n
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、当院において、世界糖尿病デーに先だっての啓発イベント「ブルーサークル山鼻2019」を開催させて頂きました。

10時の開場前からお待ちになっていた方、またFacebookでのイベント告知をご覧になってご来場された方も多く、総勢30名弱の方にお越し頂きました。

かねてより準備していた各種展示コーナーのほか、全6問からなるクイズラリーにもご来場の方々にチャレンジして頂き、「糖尿病が”血管の病気”だったんだ~」などの驚きの声や、「とても勉強になりました」などの嬉しいご感想も数々頂きました。

また、プレゼントコーナーでは、当院から南16条通りを約1.5km東へ、地下鉄幌平橋駅そばにあります Agt(あじと) さんの右川店長様のご厚意により、同店のヘルシーメニュー「こめサン」のご提供も頂きました!

あっという間の1日でしたが、これからも当院として、糖尿病というものをより多くの人に知って頂けるような取り組みを続けていければと思っております。


なお、本日11/10から11/15までの期間、糖尿病のカラーである「青」にちなんだ「ブルーライトアップ」を、バス通りに面した窓下にて毎晩行います。どうぞ宜しくお願いいたします!!


IMG_1900

IMG_1902

IMG_1903

このエントリーをはてなブックマークに追加

公式ホームページや、Twitter・FacebookなどSNSでは頻繁に記事をアップしていますが、こちらのブログの更新はすっかりご無沙汰になってしまいました
気が付けば8月も半ば。クリニックは8月11日から14日までの期間、お盆休みを頂いております。
札幌は5月末の34℃には及ばないものの、先週までは観測史上最長となる10日連続の真夏日を記録し、熱中症とみられる症状で搬送される方が札幌でも何人もおられました。先週末からはようやく今時期の北海道らしい気温に戻りましたが、例年でいけば盆踊りや高校野球が終われば北海道の夏も終わり、一気に秋へと季節が進んでいきますが、果たして今年は…?

せっかくの夏休みということで、今日は日帰りドライブで。当クリニック開院と同時期に開通した後志自動車道を利用して、北海道のツノ・積丹まで足を運びました。
積丹の先端にある神威岬。積丹ブルーと言われる青い海と、断崖絶壁とが織りなす風景がとても魅力的で、北海道でも人気の観光スポットのひとつです。

IMG_1827

IMG_1823

積丹名物といえば、地元名産のウニをふんだんに使ったウニ丼。トンネルを抜けて積丹の街を走っていると、至る所に「ウニ丼」の幟が。
今回は時間の関係もありウニ丼はパスして、代わりに地物の海産物をお土産店で買って帰宅。

クリニックについての「夏休みの宿題」は色々…新たにスタートした痛風外来についての資料作りや、院内スライドサイネージのマイナーチェンジ、ほか来週以降受診予定の患者さんについての予習などなど。夏休み気分に浸っている場合でもないわけで。
糖尿病だけに限らず、色々な主訴・色々な目的で患者さんが日々やってくるのが山鼻内科。日々熱心に取り組んでくれるスタッフの皆に負けないよう、褌を締めなおして夏休み明けからもやっていかなくてはと思う次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ