さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック 公式ブログ

札幌市中央区南部(山鼻・伏見・幌西地区)および札幌市南区をカバーする、糖尿病専門医・内科専門医によるクリニックのブログです。

カテゴリ: クリニックがめざすもの

開院して1ヶ月の間、多くの方がインフルエンザワクチン接種のために来院され、また残念ながらインフルエンザを発症された方がこの1週間で最低1日1名受診されています。

来院・受診された方々からのご質問もございましたので、当院としての考え方を述べたいと思います。

1) 今季受験を控えているのですが、インフルエンザワクチンを2回接種した方が良いのでしょうか?

教育熱の高い地域ならではのご相談と思いました。私(院長)も高校生の子がおり、試験前の追い込みの時期にインフルエンザなどに罹らせてはいけないという考えは一緒です。
さて、13歳以上の健康なヒトについては、インフルエンザワクチンの1回の接種で、2回接種と同等の効果が得られるとの報告があること、基礎疾患があって免疫機能が著しく抑制されている状態にあるなどの場合に、医師の判断の元に2回接種が行われる場合があると、厚生労働省のサイトに記載されております。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

このような成人であっても、大流行が予想されるシーズンならば2回接種すべきだとの意見もありますが、明確な結論は得られていないのも事実です。どんな場合でも予防の基本は
・1回のインフルエンザワクチン接種
・こまめな手洗い、流行期にはうがいも
・適切な栄養摂取と規則正しい生活
であると考えますが、それでも2回目接種をという場合は個別にご相談頂きたいと思います。

2) まわりでインフルエンザが流行している。タミフルを予防的に内服したい。

タミフル含め抗インフルエンザ薬は、感染したあとでのウイルス増殖を抑える薬であり、ウイルスそのものを消滅させることは出来ません。
添付文書上は「予防投与」についての記載もありますが、服用している間しか予防効果がない、しかもその予防効果も絶対的なものではなく、予防投与したのに罹るということも有り得ます。
家族内でインフルエンザに罹った人がいた、自分も仕事、受験生の子供がいるし…と仰るお気持ちも理解できます。しかし、そうした理由で(仮に保険適用外の自費医療であっても)、症状がないのに抗インフルエンザ薬を使用することはメリットよりもデメリットの方が大きいと考えます。
当院では、感染・発症予防を目的とした抗インフルエンザ薬の自費処方は、現時点では行いません。
なお、当院の近隣は医療機関にお勤めの方も多いと思いますが、インフルエンザの予防に関しては各々がお勤めの医療機関(の感染対策室、もしくは院長)にもご相談頂ければと思います。

IMG_1208

梅雨に入ったかのような、日差しが恋しくなる日々が続いていた札幌でしたが、今日はようやく夏らしい天気が戻ってきました。
山鼻地区のとある場所から、クリニックが建つ方面を眺めたのがこの写真です。数年前までは伏見小学校の校舎の全景が見えていたのですが、大きなマンションが近年いくつも立ち並び、クリニックの周辺も10階建てを超す高層マンションで取り囲まれております。
かつては道職員住宅や企業の社宅、さらには畑作農家まであった山麓・伏見地域ですが、公宅も畑地も姿を消し、新しいマンションや戸建て住宅が次々分譲されております。古くから「札幌の文教地区」「3K2F」などと言われておりましたが、実際「うちの子を○○小学校に通わせたくて、この地区にマンションを買って引っ越してきました」という方も少なからずおられます。

札幌市のポータルサイト内に、年ごと・月ごとで市内各地区の住民基本台帳人口を公開しているページがあります(http://www.city.sapporo.jp/toukei/jinko/juuki/juuki.html)が、当クリニックが位置する山鼻地区・幌西地区の平成30年1月1日現在の人口は、

総数 59,342
年少人口 7,359
生産年齢人口 37,197
老年人口 14,916

過去5年分さかのぼってみると、老年人口は確かに増えているものの高齢化率は25.1%と全市平均より低く、生産年齢(勤労世代)の人口も増加しており、さらに年少(子ども)人口割合も高いために、高齢化の進行が抑えられかつ地区全体の人口も緩やかに増加しているということが言えるかと思います。

働きながら、お子さんを連れながら、病院を受診するというのは…
「仕事が終わった時間には病院はもう閉まってる」
「小さな子供と一緒に待合ロビーで待っているなんて」
とお思いかもしれませんが、当クリニックではそういった問題に対応すべく、「週2回の夜間診療(早朝診療も週2回)」そして「キッズコーナーも完備」する予定であります。

古くから地域に暮らす年配の方々にも、働きざかりの方々にも、子育て中のママ・パパにも
かかりやすい・通いやすい、そんなクリニックを築き上げて参ります。

↑このページのトップヘ