さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック 公式ブログ

札幌市中央区南部(山鼻・伏見・幌西地区)および札幌市南区をカバーする、糖尿病専門医・内科専門医によるクリニックのブログです。

カテゴリ: 開院準備

前回、このブログに記事をアップしてから1か月半も経ってしまいました…
その間、クリニックはどうなっていたのか!? SNSでは既にアップしていましたが
まず、9月4日未明は台風に見舞われ、近隣の小学校のフェンスが壊れるなど、近場でもいくつかの被害がありましたが、クリニック工事現場では特にトラブルなく乗り切りました。
…というのも束の間。9月6日明け方、北海道胆振東部地震とその直後の全道ブラックアウト。しかし、地震そのものによる被害はほぼ皆無であり、現場工事も翌日には再開されました。
停電に伴う物流障害はその後数日間続き、クリニックの建材も一部納入遅れがありましたが、現場業者さん、職人さんたちが土日も返上されて工事を進め、開院予定日も延期すること無く工事は進んでおりました。

院長は9月末で前職を退職し、東北・中部・九州へと3泊4日の行程で出張に出ておりました。

IMG_1350

IMG_1365

IMG_1394

晴れたり雨が降ったり、そして台風にも見舞われましたが、東北では奇跡の一本松に立ち寄り、また長野からは立山黒部アルペンルートへ、そして富山から白川郷にも立ち寄り、
最終目的地の九州では…

IMG_1408

10月に福岡市西区で開院された、竹之下博正先生の「たけのしたクリニック」の内覧会にも立ち寄らせて頂きました。我々より一足先にご開院されました竹之下先生、改めましておめでとうございました!
http://takenoshita.net/

さて、札幌に戻ると10月。電車通りの看板に引き続きまして、市電の車内広告も掲示開始されました!
IMG_1427
市電の各車両(一部を除く)の入口ドアに貼られています。市電にお乗りの際は是非ともチェックしてくださいね^^

そして、現場工事も順調に進んで…
IMG_1445
IMG_1452 (1)

ついにここまでやって来ました!
来週半ばには工事完了、医療機器やさまざまな備品の搬入が行われます。

クリニックで皆さんにお会いできる日は、もう目の前です。

9月。気が付けば、開院がついに「再来月」となりました。
現場に足を運ぶと、2階建てになる部分の外壁に白いサイディングが貼られ、建物工事も終盤に差し掛かりつつあります。

建物工事もそうですが、
・スタッフ全員が決まり、従業員が働く場所としての基盤
・保険診療を行う機関としての基盤
・新たな営みが行われる場所としての広報

ほか、諸々のことを急ピッチで整備していかなくてはなりません。

今日はとてもすがすがしい秋の日でしたが、これからの日々に向けてさらに身も心も引き締めてやっていかなくては、と思うばかりです。


IMG_1272

先日は札幌でも33度を記録し、全国的な猛暑のなかに北海道もいよいよ入ってしまった今週でしたが、クリニック建設工事はついに1・2階部分の建て方工程に入りました。
建物の大きさや形がこれでわかってきました!

こちらは正面玄関側です。

IMG_1237

こちらは南17条通側。バスの車窓からはこちら側が見えると思います。

IMG_1238

裏側です。隣接する調剤薬局の工事も始まっています。

IMG_1239

IMG_1214

7月14日。蒸し暑い一日でしたが、現場工事ミーティングに参加するために、クリニックの斜め向かいにあるビルの1Fに設けられた「建設現場事務所」に足を運びました。
事務所内にはこんな垂れ幕まであってびっくり!

工事の方は、基礎部分のコンクリート型枠が外れ、7月後半からはいよいよ建て方(柱など)の工程に入ってまいります。どんな感じになっていくのか、今からとてもわくわくしています。

IMG_1213

そして、さらに驚いたのはこれ。
IMG_1212

クリニックの第1号看板が、市電西線沿い南18条、伏見小学校前にたちました!
ロープウェイ入口電停からでもはっきりみえる看板をみると「いよいよだな」という気分になります。

ハードな部分は大方目途がついたという感じですが、これからはソフトな部分の様々な物事を煮詰めて、11月からはじまる日々の診療につなげていければと思います。

気が付けば6月ももうすぐ終わり。札幌ではYOSAKOIソーランも、北海道神宮祭も終わってしまい、短い夏の幕開けといったところになってきました。
さて、6月のまとめ的な投稿になってしまいそうですが、当クリニックの建設工事が始まりました。
先だっての地質調査にて、若干地盤の緩いところがあったため、6月の前半から地質改良工事、そして6月中旬より杭打ち工事を行っております。

IMG_1151
IMG_1158

実に一歩一歩というところでありますが、糖尿病治療において食事・運動療法や基礎インスリン補充が重要なのと同様に、建物づくりにおいても基礎、そして基礎の基礎が重要というところですね。

なお、本クリニックの工事全般につきましては「北海建工株式会社」様に依頼を致しております。工事中お気づきの点、ほか工事に関して何かございましたら、同社様までご連絡頂ければ幸いに存じます。
http://www.hokkaikenkoh.co.jp

建物工事と並行して、クリニックに導入する様々な医療機器などの最終選定や連動調整、そしてついにですが、当クリニックで働くことを考えているスタッフ候補の方々との面談も始まりました。院長も今月は2回の学会出張、ならびに日々の診療に追われながら、これらのことをこなしている現状ですが、開院の日に向けて一同尽力して参りたいと思っております。

↑このページのトップヘ