昨年11月3日に、FMラジオカロスサッポロにて「開院3周年特別番組」を放送させて頂いてから、年末にかけて多忙な日々の連続で、このブログの方はまたしてもご無沙汰になっておりました…

まずは、2022年、明けましておめでとうございます。
昨年は当院開院3周年を無事に迎えることができ、山鼻という地域で、また札幌の糖尿病医療という場で、「さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック」という存在についてはようやく認知してもらえたのではないかと思っております。ここまでの3年、未曾有のコロナ禍にも見舞われましたが、診療面、そして経営面においても独り立ちすることが出来ました。地域柄などもあり新規参入が決して容易ではない所で「最初の3年」という大きなハードルを飛べたということ。安堵、そして自信が得られたと思います。

FEJ-dq-akAA_fPL
FHrfDQTaAAEiNrc



そして迎えた2022年。
新たな1年への想いを胸に、中島公園内にある伊夜日子神社へと初詣に行って参りました。
271198106_965614397391914_1113969789908840471_n

2年前から続くコロナ禍、オミクロン株の爆発的流行も起こっており、未だに出口が見えない中ではありますが、
当院としては「地域」にもっと目を向け、「地域の皆様の役に立つクリニック」を目指すことが2022年の目標であります。
ウェブサイトやSNS、そしてFMラジオにて、より積極的に情報発信もして参りますが、「クリニックと地域がつながる」ための新たなプランもあたためている所です。

依然として「一寸先は闇、先が読めない」日々は続いていますが、勇気をもって進んでいった先が明るい場所であることを祈って、この新しい年を迎えることにしたいです。