さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック 公式ブログ

札幌市中央区南部(山鼻・伏見・幌西地区)および札幌市南区をカバーする、糖尿病専門医・内科専門医によるクリニックのブログです。

◆糖尿病や高血圧、脂質異常症、痛風、慢性腎臓病および内科一般診療
◆札幌市健康診断、その他各種健康診断実施
◆インフルエンザワクチン、各種予防接種
◆夜間診療(~19:30受付)、早朝診療(7:30~受付)実施
◆ヘモグロビンA1cや総コレステロール、動脈硬化検査がすぐにできます
◆ウェブ予約可能
◆初診時の紹介状不要、他院から変えたい/通院中断した方も支障なく受診可
◆管理栄養士、保健師が常勤。食事・生活、いつでも何でも相談できます

所在地:札幌市中央区南17条西17丁目3-1
(札幌市電「西線16条」および山鼻郵便局から徒歩約4分、バス「南17西18」停から徒歩約2分です)

クリニックのメインサイト https://clinic.yamahana.jp/

IMG_1214

7月14日。蒸し暑い一日でしたが、現場工事ミーティングに参加するために、クリニックの斜め向かいにあるビルの1Fに設けられた「建設現場事務所」に足を運びました。
事務所内にはこんな垂れ幕まであってびっくり!

工事の方は、基礎部分のコンクリート型枠が外れ、7月後半からはいよいよ建て方(柱など)の工程に入ってまいります。どんな感じになっていくのか、今からとてもわくわくしています。

IMG_1213

そして、さらに驚いたのはこれ。
IMG_1212

クリニックの第1号看板が、市電西線沿い南18条、伏見小学校前にたちました!
ロープウェイ入口電停からでもはっきりみえる看板をみると「いよいよだな」という気分になります。

ハードな部分は大方目途がついたという感じですが、これからはソフトな部分の様々な物事を煮詰めて、11月からはじまる日々の診療につなげていければと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1208

梅雨に入ったかのような、日差しが恋しくなる日々が続いていた札幌でしたが、今日はようやく夏らしい天気が戻ってきました。
山鼻地区のとある場所から、クリニックが建つ方面を眺めたのがこの写真です。数年前までは伏見小学校の校舎の全景が見えていたのですが、大きなマンションが近年いくつも立ち並び、クリニックの周辺も10階建てを超す高層マンションで取り囲まれております。
かつては道職員住宅や企業の社宅、さらには畑作農家まであった山麓・伏見地域ですが、公宅も畑地も姿を消し、新しいマンションや戸建て住宅が次々分譲されております。古くから「札幌の文教地区」「3K2F」などと言われておりましたが、実際「うちの子を○○小学校に通わせたくて、この地区にマンションを買って引っ越してきました」という方も少なからずおられます。

札幌市のポータルサイト内に、年ごと・月ごとで市内各地区の住民基本台帳人口を公開しているページがあります(http://www.city.sapporo.jp/toukei/jinko/juuki/juuki.html)が、当クリニックが位置する山鼻地区・幌西地区の平成30年1月1日現在の人口は、

総数 59,342
年少人口 7,359
生産年齢人口 37,197
老年人口 14,916

過去5年分さかのぼってみると、老年人口は確かに増えているものの高齢化率は25.1%と全市平均より低く、生産年齢(勤労世代)の人口も増加しており、さらに年少(子ども)人口割合も高いために、高齢化の進行が抑えられかつ地区全体の人口も緩やかに増加しているということが言えるかと思います。

働きながら、お子さんを連れながら、病院を受診するというのは…
「仕事が終わった時間には病院はもう閉まってる」
「小さな子供と一緒に待合ロビーで待っているなんて」
とお思いかもしれませんが、当クリニックではそういった問題に対応すべく、「週2回の夜間診療(早朝診療も週2回)」そして「キッズコーナーも完備」する予定であります。

古くから地域に暮らす年配の方々にも、働きざかりの方々にも、子育て中のママ・パパにも
かかりやすい・通いやすい、そんなクリニックを築き上げて参ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

気が付けば6月ももうすぐ終わり。札幌ではYOSAKOIソーランも、北海道神宮祭も終わってしまい、短い夏の幕開けといったところになってきました。
さて、6月のまとめ的な投稿になってしまいそうですが、当クリニックの建設工事が始まりました。
先だっての地質調査にて、若干地盤の緩いところがあったため、6月の前半から地質改良工事、そして6月中旬より杭打ち工事を行っております。

IMG_1151
IMG_1158

実に一歩一歩というところでありますが、糖尿病治療において食事・運動療法や基礎インスリン補充が重要なのと同様に、建物づくりにおいても基礎、そして基礎の基礎が重要というところですね。

なお、本クリニックの工事全般につきましては「北海建工株式会社」様に依頼を致しております。工事中お気づきの点、ほか工事に関して何かございましたら、同社様までご連絡頂ければ幸いに存じます。
http://www.hokkaikenkoh.co.jp

建物工事と並行して、クリニックに導入する様々な医療機器などの最終選定や連動調整、そしてついにですが、当クリニックで働くことを考えているスタッフ候補の方々との面談も始まりました。院長も今月は2回の学会出張、ならびに日々の診療に追われながら、これらのことをこなしている現状ですが、開院の日に向けて一同尽力して参りたいと思っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ